根室生産連の概要

根室生産連の概要
 根室生産連は昭和23年8月根室管内11農協を会員として創設されました。
 その後、新たに設立された農協の加入、あるいは会員農協の合併により、現在は正会員5農協となっております。
 本会の誕生は、根室郡農会、根室牛羊畜産組合、産業組合が昭和18年の政令によって統合体となった農業会根室支 部が昭和22年の農協法の公布によって自主的に設立した管内農協の中核となる生産共同体として発足、今日に至っております。
 以来、本会は常に農政に支えられた酪農進展の中にあって生産基盤確立のため家畜改良増殖施設と農用地開発事業の実践担当の連合会として、 農業近代化促進のため鋭意努力を傾注して参りました。
 幸い会員及び会員組合員各位のご理解とご協力、更に関係機関のご支援を得て後進地域と称せられた当管内の酪農は、国内はもとより世界屈指の 集約酪農地帯に発展成長するまでになりました。
 この間、激動する社会経済の波浪の中で農業団体の体質改善がなされ、今日の生産連は地域酪農発展の中心的役割としての酪農指導事業の乳牛改良を目指しての家畜登録業務、 乳牛検定業務、更には根室酪農基盤確立のため、今後の厳しい酪農情勢と高度情報化社会への対応を認識しながら、情報の集約化により酪農生産性を高め、経営安定と手法を確保 するための「根室地域酪農技術情報システム」事業を核とした管内農業振興発展の一翼を担う連合会として鋭意努力を致しております。